無修正動画は違法じゃないの?

無修正動画は違法じゃないの?

日本国内で販売(レンタルも含む)されている、アダルト動画は、女性も男性も性器を 隠すための処理(モザイクなど)が施されています。
このような処理がされた動画のことを修正アダルト動画といい、処理がされないままの動画のことを 無修正アダルト動画ということは既にご存知かと思います。

無修正アダルト動画は、日本国内の法律ではわいせつ物とみなされ、無修正アダルト動画の販売やインターネットでの 公開は違法となります。
では、無修正アダルト動画を視聴することや、所持することは違法なのでしょうか?

無修正アダルト動画に関する法律はどうなの?

日本国内の法律では、無修正アダルト動画の販売やインターネットでの公開は違法になります。
その法律は、「わいせつ物頒布等の罪(わいせつぶつはんぷとうのつみ)で、刑法175条で規定されています。

この法律の中味を少し見てみることにしましょう。

「条文:刑法175条は「わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、 又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。 電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする(第1項)。 有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする(第2項)。」と規定する。」

とあります。

ウィキペディアの概要の一部を抜粋すると、以下のように書いてあります。

「わいせつ物頒布等の罪には、わいせつ物頒布罪、わいせつ物陳列罪、わいせつ物販売目的所持罪が含まれる。 頒布とは有償・無償問わず、不特定多数への交付を意味する。 「公然と陳列」するとは、不特定多数が認識できる状態にすることを意味する。 販売目的所持とは、販売目的で自己の支配下に置くことを意味する。」

無修正アダルト動画を個人で楽しむのは違法ではありません

いやあ~ 法律の文章って難しく感じますね。
わかりやすく、説明しましょう。

・無修正アダルト動画は、わいせつ物になる。
・わいせつ物は、有料でも無料でも頒布(人目にさらす)してはダメだよ。インターネットで公開してもダメだよ。
・販売する目的で、無修正アダルト動画のDVDやファイルなんかを持っているとダメだよ。でも、個人の趣味で持っていることはダメにしていないよ。

ということです。

つまり、無修正アダルト動画を個人で視聴することは、まったく問題ありません。
そして、販売目的で所持していなければ、個人で持っていることも規制されていません。

ですから、無修正アダルト動画は安心して視聴できますし、有料アダルトサイトからダウンロードして保存して持っていることも大丈夫です。

ただし、注意することが4つあります。

無修正アダルト動画に関する4つの注意

■注意その1

インターネットで無修正アダルト動画を公開してはいけません。
わいせつ物頒布罪になりますし、著作権法違反にもなる可能性があります。
「無修正アダルト動画の配信が許されている海外のサーバーから配信することはOKなの?」という質問の答えは、「日本国内から運営している限りNG(ダメ)」です。
しかし、日本人が無修正アダルト動画の配信を許されている海外でサーバーを借りるなどして、その国で運営をする場合は「OK!」です。
日本にいる限り日本の法律が適用されるということですね。

■注意その2

他人に売っても、コピーをしてあげてもいけません。
売る行為をすると、「わいせつ物販売目的所持罪」になりますし、コピーをあげる行為は「著作権法違反」になります。

■注意その3

違法ダウンロード禁止法に触れる行為をしてはいけません。
2010年から著作権法改正により 違法コンテンツをダウンロードすることが違法になりました。
違法ダウンロード禁止法は、違法にアップロードされた動画・音楽だと知っていてダウンロードをするこを禁止する法律です。
違法にアップロードされた動画・音楽だと知らずに、ダウロードしてしまった場合は違法になりません。
また、視聴するだけなら罪になりません。

ちなみに、違法ダウンロード禁止法による逮捕者については、2013年9月に「違法ダウンロード禁止法による逮捕者数は1で、その1人は自首によるもの。」 という噂が流れましたが、実際は逮捕はされておらず次のように締めくくられています。
「結局、警察は1万点に及んだ多量のファイルの中から、アニメやゲーム、漫画など4点につき、 ファイル共有ソフトを通じ不特定多数が利用できる状態になっていたとして、 著作権法違反で書類送検とした。 男性が覚悟していた「違法ダウンロード」での送検は見送られた。」

▼詳しくはこちら

⇒「違法ファイル共有男」イブにまさかの自首

■注意その4

児童ポルノに該当する動画や画像は所持してはいけません。
無修正アダルト動画を個人で視聴したり、所持することは違法ではないことを説明しましたが、児童ポルノに該当する動画や画像については別です。

これは、児童ポルノ処罰法改定案(2013年6月)で
「改定案では、写真やデジタル画像など児童ポルノの所持を禁止する「単純所持の禁止」を導入。 「自己の性的好奇心を満たす目的」の所持には刑事罰(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)を科す。 また漫画やアニメ、CGなどと性犯罪などとの関連性を「調査研究」するよう政府に求め、 施行から3年後に「必要な措置」をとるとしている。」
となっています。

児童ポルノは、国際世論でも重要視されており、子供たちの人権救済のために、違法者に対しては今後も厳しく罰せられることになっていくでしょう。
これらの状況から判断をすると、児童ポルノに該当するような動画や画像は所持しないことが最良だと思います。


アダルトサイト初心者の方へ

アダルトサイトを安全に楽しむための基礎知識。
今、知っておくべき大切な正しい情報をわかりやすく解説しています。

用語解説

有料アダルトサイト選びで知っておきたい用語を詳しく解説。

無修正アダルト動画紹介

無修正アダルト動画の紹介・感想とユーザーレビュー(無料サンプル動画有り)

アダルトサイト比較

オールジャンル系比較 オールジャンル系比較
AV女優の動画をメインにいろいろなジャンルの無修正動画を見るならこのサイト。

素人系比較 素人系比較
素人の若い女の子の無修正動画を見るならこのサイト。

熟女・人妻系比較 熟女・人妻系比較
素人の熟女や人妻の無修正動画を見るならこのサイト。

マニア系比較 マニア系比較
SM、レイプ、外国人女性などのマニアックな無修正動画を見るならこのサイト。

盗撮系比較 盗撮系比較
盗撮や隠し撮り、のぞきや投稿動画の無修正動画を見るならこのサイト。

エロアニメ系比較 エロアニメ系比較
無修正エロアニメやエロマンガを見るならこのサイト。


⇒ 有料アダルトサイト比較一覧はこちら